亀頭ブツブツ除去手術はどうやってするの?

亀頭ブツブツ除去は、専用の電気メスを使って患部の細胞を死滅させていきます。
そもそも、亀頭にブツブツができる原因はいろいろなものがあり、脂肪や皮脂汚れ、ウイルスによる皮膚の炎症など、それを素人が特定することは難しくなっていきます。
どのケースが原因であったとしても、一度できたブツブツは見た目にも悪いので、細胞単位でしっかりと死滅させていくことが大切です。
亀頭ブツブツ除去の手術は基本的に細胞を電気メスで焼き切っていくだけなので、さほど長い時間はかかりません。
最短であれば20分程度で作業を終わらせることができますし、手術を受けたその日のうちに帰宅することも可能です。
人によっては、せっかく手術を受けるのであれば他の治療も一緒に終わらせてしまいたいと、包茎手術と併用することもあります。
一度に治療を終わらせればダウンタイムも1度だけで済みますし、性行為や入浴などの制限も最短で済ませることが可能です。
亀頭のブツブツは、その種類によって再発を繰り返すことがあります。
この場合は何度も患部を電気メスで焼いていく作業を繰り返していきます。
回数をこなしておけば、数か月程度で症状は改善されていきますし、見た目も良くなっていくというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です